マンション投資に失敗しないコツ|効率よく資産運用をしよう

男女

土地の有効活用をサポート

内観

土地を持っていると税金や相続税の対策が必要です。土地を活用した資産運用としてはマンション経営が最適です。その時に利用したいのがトーシンパートナーズです。創業25年以上の実績と信頼があり、不動産投資業界でトップクラスの入居率を誇ります。事前のリサーチや計画立案までやってくれるので安心して任せられます。

もっと読む

損益分岐ラインを下げる

マンション

支出の削減が大切

マンション投資で失敗のリスクを軽減させるためのポイントは、損益分岐ラインを下げることです。マンション投資において得られる収入は、投資対象物件の購入時に余程空室リスクを高く見積もるか特殊な外部要因によって地価が向上するなどといったごく稀なケースを除けば、投資対象物件の購入時点の想定と比べて少なくなってしまうことはあっても多くなることはまずありません。従って、収入の増加が見込めない中で失敗のリスクを軽減させるためには支出の削減によって損益分岐ラインを下げるしかないのです。マンション投資における支出の中心は対象物件の購入費用と、購入後の管理費を中心とした運用費用になります。この内、より大きなウェートを占めるのは購入費用となりますので、マンション投資で失敗のリスクを軽減させるためには、同じ家賃収入が期待できる投資対象物件をより安く購入することが大切なのです。

中古の優良物件

同じ家賃収入が期待できる物件をより安く購入するという一見矛盾した命題を実現させるための方法が、中古の優良物件の中から投資対象物件を探すことです。というのも、一般的に不動産の売買市場においては仮に築1〜2年程度であったとしても中古物件は新築物件と比較して価格相場が大きく低下します。しかし賃貸市場の相場は新築でも築5年程度の物件であっても、何らかの外部要因でもない限りほとんど変わることはありません。そのため、中古物件の中から新築物件に劣らない収益力を有する優良物件を見つけることができれば、新築物件と同じ収益力を持つ物件を新築物件よりも安価に購入することができるのです。このような事情から、失敗のリスクをより軽減させた形でマンション投資を行うためには中古の優良物件を探すことが効果的なのです。

マンションを副業にする

住宅

大阪の収益物件にはグロス利回りが設定されています。これはどれくらいの収益が出るのか判別できるのです。道路についている路線価を知っておくとその物件の実勢価格をある程度予測できるので、知っておくといいでしょう。

もっと読む

賃貸経営を始めるには

集合住宅

賃貸経営を行う上で、とても重要になってくるのが投資物件です。マンションやアパートなど、様々な投資物件が日本には建築されています。それらの中でもイニシャルコストを抑える事が出来るアパートは、とても人気の高い投資物件となっています。

もっと読む